なすと鶏肉のみぞれ煮

調理時間 25分

※お届け後、1週間以内にお召し上がりください。

 おいしくお召し上がりいただくためには3日以内がおすすめです。

【使用する調理器具】

・フライパン 
・大根おろし器又はフードプロセッサー
 チーズグレーターなど 
・ボールやうつわなど 

👉※のついた材料はキットには含まれていません。ご家庭でご用意ください。
👉調理時間は目安です。調理器具によって異なります。

【材料】

・ 鶏むね肉
・ 大根
・ なす
・ 長ねぎ
・ 大葉
・ ポン酢
・ 片栗粉
・ 漬けダレミックス
・ 特製みぞれ煮の素
※  水
※  油

【ワンポイントアドバイス】
👉大根おろし器がない場合は以下の方法でもおろせます(大根の皮はむきます)

1.フードプロセッサーやハンドブレンダーを使用。一口大に切ってから機械にかけます。
2.パルメザンチーズ用のチーズグレーターを使用。
3.チーズグレーターを使用。粗めのグレーターを使用する場合はすった後に包丁でみじん切りにしてください。
4.ご飯用しゃもじの凸凹を利用。多少時間がかかります。
5.ビニール袋に入れて麵棒などで叩きつぶす。
 

👉大葉と長ねぎ火を通さずに使用します。細菌感染を防ぐために鶏肉を切る前に切っておきましょう。

👉鶏肉に片栗粉をまぶすことで、肉汁を閉じ込めてしっとり柔らかく仕上がります。

👉なすは、乱切りにすることで、表面積が大きくなり、火の通りがよくなり味がしみこみやすくなります。

【1 準備 3分】

うつわに特製みぞれ煮の素水80ml (4人前 160ml) を混ぜ合わせておく。
長ねぎは小口切りにする。
大葉は茎を切り落として縦にくるくると巻いてから千切りにする。
なすはヘタを切り落として一口大の乱切りにする。

👉乱切りの仕方
乱切りとは、食材を回転させながら、不規則な形に切る切り方です。端から斜めに包丁を入れ、ナスを90度手前にまわしてまた包丁を斜めに入れる。これを繰り返します。なすが大きい場合は半分に切ってから同様に切ります。

【2 準備 3分】

鶏むね肉は繊維を断ち切るように一口大のそぎ切りにし、ボールにいれて漬けダレミックスと一緒にもみ込んでおく。

👉鶏むね肉は、繊維に対して直角に切ることで口当たりが柔らかくなります。
👉そぎ切りとは、包丁を寝かせるように斜めに入れて、そぐように切る切り方です。

【3 大根をすりおろす 3分】

大根は皮をむいてすりおろし、手順【6】で盛り付ける際に使用する分の大さじ4 (4人前 大さじ8 ) 程度を取り分けておく。

👉取り分けておく大根おろしは、水を軽く切り、水分を少なくしておきます。
👉大根おろしの水を切るときに、水は捨てないでください。汁は煮込む際に全て使用します。

【4 炒める 7分】

【1】の鶏肉に片栗粉を全体に行き渡るようににまぶす。
フライパンに多めの油 大さじ2−3 (4人前 大さじ4−5) 程度をひき、鶏肉を重ならないように入れる。
片面に軽く焼き目がついてきたら裏返し、フライパンのはしに寄せる。
同じフライパンに【1】のなすを入れて全体に油が行き渡るように炒める。この時油が足りないようなら付け足す。

【5 煮込む 7分】

なす全体に火が通ってきたら、【1】で水と合わせておいた特製みぞれ煮の素大根おろしを汁ごと加える。
味が行き渡るように全体をさっと混ぜ合わせ、煮立ったら火を弱めて3−4分程煮詰める。

👉仕上がりの汁気の量はお好みで調整してください。煮詰める時間を長くすれば汁気が少なくなります。

【6 盛り付ける 2分】

【5】をうつわによそい、【3】で取り分けておいた大根おろしをのせてポン酢をかける。
【1】の長ねぎ大葉を散らす。